wp_top
ショップ
top01
オンラインショップ
清書画楽ホームページ
 
 
 > ホーム
 > 製品情報
 > ユーザー事例
 > イベント・セミナー
 ▼ ショップ
商品一覧
三大機能
図形編集ジェスチャ
テキストジェスチャ
部品配置・登録
>会社概要
>リンク
>サイトマップ
>個人情報保護方針
>特定商取引法表示
   
   
   >>商品一覧
  商品の販売をしております。ボタンをクリックするとVectorオンラインショップが別窓が開きます。
 
001
01
001_02
  建築や機械などの設計・製図用で、積算機能を有し、DXF(R12J)によるファイル交換機能を有する。
 

■ダウンロード:¥15,000(税別)

■ご購入は

 当社から直接購入する場合は以下よりご一報ください。以降の手順など詳細をご連絡いたします。
こちらから
002
02
001_02
  建築や機械などの設計・製図用で、積算機能とDXFファイル交換機能はない。
 
 

■ダウンロード:¥10,000(税別)

■ご購入は

 当社から直接購入する場合は以下よりご一報ください。以降の手順など詳細をご連絡いたします。
こちらから
003
03
001_02
  ビジネス画の作図用で、Pro、Liteと同じくクリップボードを介してWord、Excelなどに画を渡せる。
 
 

■ダウンロード:¥5,000(税別)

■ご購入は

 当社から直接購入する場合は以下よりご一報ください。以降の手順など詳細をご連絡いたします。
こちらから
   
   >> 三大機能
   清書画楽の3つの大きな機能をご紹介します。
 
■図形編集ジェスチャ  
  製図といえば通常、CAD(コンピュータによる設計製図の支援)システムを思いうかべるでしょう。

  清書画楽での製図では、描くだけでなく消去したり、変更(移動、回転、反転、拡大・縮小)したりしますが、これも清書画楽ならペン一本でらくらく。こうした消去や変更も×、○、|、→を組み合わせて描くだけです。例えば、
図形を○で囲んで、続けて

@ ×を描けば図形は消えます。
A →を描けば図形は移動します。
B |を描いて、これに交差する→を描けば、図形は反転します。

  こうしたジェスチャーをゲーム感覚でおこなえば、消去や編集のコマンドのキー入力やメニュー選択をマウスでする必要はなく、煩わしいキーやマウスの操作をしているうちに何をしようとしていたか忘れてしまうなどの経験からも解放されます。

  右の動画は作図と図形編集ジェスチャを応用した建築製図の様子です。
   
 
■テキストジェスチャ  

@「字」を押します。文字入力ポップアップが現われます。

A升目に1文字づつ楷書で手書きして、ペンが一定時間上がっていると活字に清書されます。

B右の「置く」を押して、ペンを描画面に出すと、ペン先に文字枠が付いてきます。

C所定の位置でペンを押すと配置されます。ペン位置は端点処理されます。

■認識できるのは漢字、ひらがな、カタカナ、英字、数字、記号の6種です。これらのボタンが凹んでいる時は認識される状態です。凹んでいないボタンの文字種は認識されません。

■誤って文字認識したら、「候補▼」をペンで押し、正しい文字を選ぶか、あるいは同じ升目に再度重ね書きしてください。

■空白を挿入するには『スペース挿入』ボタンを押してから升を指します。その升が空白になって後ろがずれます。

■『1字削除』ボタンを押してから升内の文字を押すと、その文字が消えて、後ろに詰めます。

■文字設定のフォントを変えたときは、書体の種類(日本語、欧文など)も変えてください。
   
   
 
■部品登録と配置  
部品登録
  図形や文字をラッピングして、図形上の1点をペンで押したまま部品升まで線を引いてください。

  登録できる図形要素(線分、円、文字、パターンなどを合わせた)数は1部品あたり最大3000です。ラスター画は登録できません。
   
部品配置
 部品(セル)を部品升からピッキングで選んで、配置場所でペンを押してください。ペン位置は端点処理されます。

  左端が「作図レイヤに配置」なら部品は作図レイヤに置かれます。左端を押して「登録元レイヤに配置」にすれば、登録した時のレイヤに配置されます。  
 
     
Copyright © 2007-2016, Triple-I Inc. All Rights Reserved. | 個人情報保護方針 | 特定商取引法表示