wp_top
ユーザー事例
清書画楽ホームページ
 
 
 > ホーム
 > 製品情報
 ▼ ユーザー事例
   ユーザー事例001
   ユーザー事例002
   ユーザー事例003
 > イベント・セミナー
 > ショップ
 > 会社概要
 > リンク
 > サイトマップ
 > 個人情報保護方針
 > 特定商取引法表示
   
   
   >>一級建築士 稲葉利行氏  
 
   
  図面修正が簡単なCAD

  意匠図そのものの作図時間もさることながら、設備図や構造図などとの調整・修正にかかる時間が多いです。清書画楽は修正が楽なCADと思います。

 清書画楽には相対移動というコマンドがあり非常にすばやく、地道な調整・修正作業が簡単に出来ます。他のCADソフトも色々購入していじりましたが、清書画楽の相対移動のコマンドから離れられません。

 修正画楽です。私はどのCADソフトよりも早く修正作業が出来ると思っています。

   
  003
 

エンピツ操作は次世代のCAD

  エンピツとマウスの違い、これは信じ難いほど人間の感性に差をもたらすと思います。
CADは清書に使い、スケッチはエンピツで紙に手書する人もいますが、清書画楽はスケッチ感覚で清書できます。私は、清書画楽でスケッチします。

 リホームの場合も、先ず、現況図面をスキャナーで読み込み清書画楽に取り込んでから縮尺を微調整します。

 


  次に、そのBMP形式などの現状図面を下敷きとしてトレースすれば簡単に現況図をCAD図面として再現できます。

 その操作は、まさに他の人がエンピツで書いた図面をエンピツでなぞる手描き感覚です。マウスでは図面(設計者の意図)をトレース出来ません。

  今後に望む事

 CADをいじると分かりますが、たとえワン・アクションでも省略したいのが人情です。DOS版からウインドウズ版に変身して清書画楽は既に述べたように使いやすくなりましたが、アクション数がさらに少なくなるような進化を希望します。
 
   
 
     
  【ユーザープロフィール】

稲場 利行 (いなば としゆき)
稲場建築設計事務所
一級建築士 1945年生れ
 
  ▲一覧に戻る  
     
   
   
   
     
     
Copyright © 2007-2009, Triple-I Inc. All Rights Reserved. | 個人情報保護方針 | 特定商取引法表示
トップページへ戻る